物流業務改善ブログ 【テープカッター編】

最近、弊社のマネージャー職が、梱包時に日々、利用する”テープカッター”を見つけてきました。

梱包時には、クラフトテープと透明粘着テープを使用します。

そのとき必ず使用するのが、テープカッターです。

 

そこで、先日の忙しいときに、テープカッターの不便さを感じたスタッフがいて、問題提起されて違うテープカッターを購入。

monotaro_6126373.jpg

 

こちらが、今まで使用していたもの。

丈夫でとても良いのですが、実は作業のうえで不便さが。

 

 

IMG_1756.jpg

こちらが今回購入したもの。

今までのに比べて丈夫さでは劣りますが、じつは作業時には良いパフォーマンスをしてくれます。

 

 

では、作業時の”不便さ”とは何かと言うと、今までのカッターは、梱包時のテープ止め後にテープが戻ることが多く、次の作業にスムーズさが欠けるのです。

そして、今回購入したものは、ストッパーが付いていて、テープの戻りがありません。

 

言葉だけでは難しいので、動画を取ってみました。

 

 

従来のテープカッターでは、はじめのセットするのにも時間がかかりますし、セットするのにテープがよれたりして無駄が多くなります。

しかし、今回購入したものは、はじめのセットもスムーズで無駄がありません。しかも、連続した梱包時のテープ止めには、テープが戻ることなくストレスなくスムーズに梱包できます。

 

テープカッターの費用も、従来のものだと約1600円/個。新しく購入したものは、約300円/個。

 

土浦営業所では即座に多数購入して、従来のものを片付けて、新しいものに差し替えました。

現場のスタッフは、とても使い易いと喜んでいます。

 

効率化を求めることの多い時代ですが、人の動きを早くするのには個人差があります。

そうではなくて、このような少しのことでも見逃さない感性が、現場スタッフには必要ですよね。

 

テープカッターを差し替えただけで、効率が良くなったとのこと。

                                                       トップページへ戻る