梱包改善(アマゾン梱包)

Amazonで届く梱包を見て、マネができないかを現場で試行錯誤中。

多分、専用の機械でやっていると思うのですが、専用の機械がない中で、どうしたらできるかをスタッフと考えてみました。

 

アマゾン梱包案 004.jpg

このような手巻き用のラップが、アマゾンで売ってました。

早速、購入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 010.jpg

梱包時に固定するダンボールを、サンプルとして資材屋さん(コーワさん)に作成してもらいました。

弊社のダンボール資材の仕入れ会社のコーワさんは、すぐに対応してくれるので助かります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 003.jpg

ためしに、この商品を・・・。

化粧品で、中身がボトルなので、梱包時には横向きに寝かせる梱包はNGです。

たてた状態での梱包を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 002.jpg

現状は、こんな感じで梱包しています。

輸送時の商品保護のために、緩衝材を入れてます。

ある意味、緩衝材は捨てるのが手間になりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 005.jpg

そこで、資材屋さんが持ってきてくれたダンボールにこんな風に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 006.jpg

アマゾンで購入したラップで巻いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 007.jpg

5〜6回巻けば、完全に固定されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 008.jpg

巻いた状態のまま梱包。

 

なかなか、良い感じ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 009.jpg

すごく良い感じです。

これだと、余計な緩衝材は入れなくて済みそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン梱包案 011.jpg

横向きに寝かせても良い商品は、こんな感じで。

 

なんとなく、アマゾン梱包に近づきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフと試しにやってみたのですが、

・梱包に手間がかかる。

・商品を巻きつける台紙の費用が。

 

しかし、もともとの緩衝材のコストを考慮すれば、なんとかなるのでは?

あとは、梱包のラップ巻きにかかる時間短縮をどうするか。

 

実行までに、もう少し試行錯誤が必要そうですね!

 

                                 このページのはじめに戻る

                                   トップページへ