はじめに

こんにちは。

日本物流開発鞄y浦営業所のホームページを閲覧いただき誠にありがとうございます。


当社は、東京都板橋区に本社を構え、本社の近隣に位置する戸田営業所(第一〜第三)、美女木営業所があり、茨城県の土浦市にも3つの営業所を有し物流サービス業を日々、行わせていただいております。

特徴として、東京、埼玉に位置する板橋本社では、戸田営業所、美女木営業所が比較的近い立地条件に恵まれ、業務の増減に対応した固定スタッフの協力体制が整っており、クライアント様には、よい評価をいただいております。

当土浦営業所でも、板橋本社同様に、土浦営業所の第一倉庫から第三倉庫が車で3〜5分と近い立地で、業務の増減に柔軟に対応できます。

また、宅急便で発送する際の運送会社様(佐川急便土浦店、ヤマト運輸茨城主管支店、西濃運輸土浦店)が近くに立地しており、なおかつ常磐自動車道の土浦北インターから、それぞれの営業所が5分以内という宅急便での発送を行うには、運送会社様、クライアント様にとてもメリットのある立地です。

さらに、土浦営業所においては、現在、同業者さんへの協力体制を大きくしていき、クライアント様へのサービス向上を目指しております。(神奈川、静岡、大阪、福岡、茨城近郊に協力会社あり)


また、日本物流開発椛S社において、”NOといわない姿勢でクライアント様の要望をかなえる”をモットーに日々の業務にスタッフ一丸となり、ご対応させていただいております。

NOと言わない姿勢でサービスをご提供できる理由が、3つございます。


1つめは、業種を問わない物流業務の対応を創業当時より全社にて行うことで、様々な業務に対応することに対する意識が、スタッフ全員に行き届いていること。

2つめは、スタッフの成長は”目の前の業務への精度を磨きながら、並行して、新しいことへの挑戦が必要不可欠”ということを理解して業務を運営していること。

3つめは、業者様(運送会社様、資材屋様などの)との関係もよくしていくことに注力しており、その結果、全体的なサービスが向上していき、クライアント様へより良いサービスが提供可能になること。業者様を協力会社様としてスタッフ全員が日々の業務の中でも理解して対応していること。


上記の3つの理由に磨きをかけながら、新たな業務への挑戦も大切にしていき、少しでも良い物流サービスをご提供できるように、スタッフ共々、業務に邁進してまいります。


 

山田書名.jpg

 

                                    

 

 

 

team LMS とは

LMSバナー大jpg.jpg

日本物流開発鞄y浦営業所は、

本業でもある物流サービス業(流通加工、通販物流、イベント物流、販促物流など)をクライアント様へ、ご提供させていただきスタッフ共々、日々の業務に邁進しております。

その中で培われた現場のマネジメント(現場ノウハウ、スタッフ教育、社内活性化)、集客(営業、IT活用)、現場に必要なシステム構築内製化などを、自社のノウハウにとどめることなく同業者様への共有を行って参ります。本業である物流サービス業務に磨きをかけて、少しでも物流業界にお役にたてればと考えてます。

現在(2016.5月)は、関東にのみ拠点を置いておりますが、大阪、福岡への拠点を増やす計画です。(既に大阪方面からの出荷体制は整っております)

新しいことへの取り組みが、クライアント様、及び弊社をサポートしていただける業者様、同業者様へお役に立てる企業になると信じております。

 

2016年6月から、日本物流開発鞄y浦営業所のスタッフ集団をLMSと称します。

 

                                                     → トップページへ戻る